Ichijo de Dream House

ねね家=SAISON F2+I-HEAD夢の家Ⅲ+電気ヒートポンプ式床暖房

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

6/20改正建築基準法

屋之介さんのブログで知ったのですが、6/20から確認申請図書が不正を防止する観点から厳格化したそうです。審査期間も今までより2週間ほど延長できるようで、看誤のないようにとの配慮なのかもしれないですね。集成材(=規格)の柱ではない一条の場合、構造計算の部分に関しては関係ないように思うけど、どうなんでしょう?

一定の規模以上の建物には第三者検査機関を入れるのが義務になるらしい。というか、全部義務にしちゃっていいと思うんですが・・・たぶん集合住宅とか各種施設並みの大きな建物なんでしょうね。構造によっても基準も違うと思うし、木造でも3階建てとかだと必要になるってことなのかな?このへん、詳しいのが検索にかからないのでわかりません^^

JSCAの要望書を見ると、建築業界がいかにいい加減な、「これくらいいいよね」「最後に同じ形してればいいじゃん(中身はどうでも)」体質なのかがにじみ出ている気がします。私が携わってきた業界では、計画書に記載した薬品のLotが変わるだけでも「承認」手続きを適切に取っていないと「適合」にならない厳しいものでした。後付での承認は不可。それによって「適合施設」として名乗れなくなるほど重大な問題でした。担当省庁が違うと、こんなに違うものなのかなぁ?
建築業界に置き換えると、「お施主さん、あとでハンコください~」「これは確認申請の添付にあるのと少し違うけど、似たようなものですから」なんてしたら、建築会社としての活動ができなくなる・・・ということになるんですよ。気持ちだけでも、そういう気持ちで取り組んでほしいです。

=日建新聞5月号のニュース記事は続きを読んでください=


耐震強度偽装問題の再発防止を目的とし、新しい建築確認の審査方法などを定めた改正建築基準法が6月20日に全面施行される。これに先立ち、国土交通省は3月14日、法改正に伴う施行規則の省令案や確認審査の指針案、指定確認検査機関の指定準則改正案を公表した。同時にパブリックコメントの募集に入り、4月上旬までに日本建築士事務所協会連合会、日本建築構造技術者協会、日本建築家協会などの建築団体が意見・要望書を相次いで提出した。

今回の建築基準法改正では、建築確認審査・手続きが厳格化されるのをはじめ、一定規模以上の建築物には第三者機関による構造計算適合性判定制度(ピアチェック)の創設、3階建以上の共同住宅に対する中間検査の導入など大がかりな制度改正が行われる。
公表された建築基準法施行規則等の一部を改正する省令案では、建築確認検査の申請書に設計に携わったすべての人の氏名が記載できるように様式を改正、提出すべき構造計算書の種類なども明確に規定した。
また、建築確認、検査が厳格化されることに伴い、確認済証の交付に係る期間延長や、確認審査、中間検査、完了検査などの申請、報告などに関する事項を新規に定めた。確認審査等に関する指針案は、▽確認審査▽構造計算適合性判定▽完了検査▽中間検査──の4部構成。このうち確認審査では、公正で的確な実施のための措置として、申請図書に不整合や誤りがある場合は、誤字、脱字など軽微なものを除き「不適合」として、図書の差替えや訂正を認めないことを規定。確認審査中の計画変更も同様に、差替えや訂正などを認めないことにした。


工事中の設計変更で弾力的な運用が必要
日本建築士事務所協会連合会(日事連、三栖邦博会長)は3月30日に提出した意見書で、従来とは大きく異なる手続きとなることや建築確認までに時間がかかること、さらには費用の負担増、設計変更が困難となることについて、国民や経済界に周知徹底を図るよう要望。確認申請をする建築士、建築士事務所に対しても国が主導してきめ細かな講習を実施して周知するなど、改正法施行時の混乱を避けるための措置を求めた。
なかでも建築工事の途中で建築士事務所に求められることが多い設計変更については、変更の内容と程度によってはピアチェックの必要がないとするか、必要であっても簡単な判定方法や手続きを導入するなど弾力的な運用が必要だとした。
確認審査の指針案のなかの「確認審査の公正かつ的確な実施のための措置」で課題に挙げたのは、「図書の差し替えまたは訂正による申請書の補正」を例外的に認める範囲。指針案がその範囲を「誤字、脱字その他これに類する軽微なものを除く」としているのに対し、日事連は「誤字、脱字及び建築基準関係規定への適合に影響しない不整合及び誤り、その他これらに類する軽微なものを除く」に改めるよう要望した。
このほか、中間検査で図書通りに施工されていない不一致が認められた場合、計画変更の確認申請を行わず、図書に一致させる是正工事を実施する場合の手順・基準も明確にすることなどを求めた。

確認申請図書の部分的な修正可能に
日本建築構造技術者協会(JSCA,大越俊男会長)は4月5日、申請図書の部分的な修正を可能とするなどの要望事項をまとめ、国土交通省に提出した。
確認申請時については、膨大な量の申請図書の中に一つでも矛盾があれば不適合とする措置が講じられると、円滑な建築行為の妨げとなり、経済的な損失も大きいと指摘。過度に厳格化すると設計図書の記載を省略してしまうなど逆効果となり、設計そのものの質の低下を招く懸念があるとして、情報量の多い設計図書の作成を奨励し、部分的な修正であれば認めるよう求めた。
構造計算の適合性判定では、構造設計の考え方には個別性を持つこともあり、単純な法規定だけで可否を結論付けられないこともあるとし、構造安全性が明らかに向上するような変更修正については認めるべきだと要望した。
着工後の変更・調整についても、躯体の寸法微調整など建物全体の構造計算に与える影響が小さい場合は、その影響と対処の内容を施工結果報告書に記載するにとどめて、計画変更として扱わないことなどを要望。施工段階の局部的な変更・調整の具体例としては、(1) タイルの割付などによる躯体寸法の微少な増打ち調整、(2) 工事段階における設備機器の詳細決定に伴う躯体の微少な調整、(3) 施工重機の設置に伴う躯体の微少な補強・調整 ──を挙げている。

不動産各社・団体等の建築主に周知徹底を
日本建築家協会(JIA、仙田満会長)は4月10日、改正内容の周知徹底、適正な設計報酬の確保、設計変更に対応した柔軟な建築確認の実施の3項目について要望書を提出した。
今回の法改正により、建築確認の長期化や、工事中の設計変更が難しくなることが、建築主などに十分に周知されていないことを懸念。特にマンションや賃貸オフィスなどを主要業務とする不動産各社と団体などへの周知徹底を要望した。
適正な設計報酬の確保は、設計業務に対して適正な報酬が支払われていない実態を指摘、「耐震偽装事件の根底に潜むもの」だとし、改正法施行にあわせて改善を図ることが不可欠であるとした。
建築現場における設計変更などについても、図書の不整合や誤りについては従前同様に訂正や差し替えによる柔軟な対応を要望。完了検査の指針案にある「軽微な変更」に関しては柔軟な対応を、工事中の計画変更申請の手続きは短時間で行えるような運用を、それぞれ求めた。

スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

to マリさん 

ひろみねーさまのお留守中、ご相談させていただいたマリさんですね!
その節は、本当に丁寧に対応していただいて感謝しています~
(Mホームの営業さんへの対応の件、覚えていらっしゃいますか?)

我が家作りが初めての私たちにとって、用語ひとつとっても初めて目にするものも多く、本当にひとつひとつ「これは何だろう?」状態です^^

ねーさまのコミュで勉強させていただきながら、同じHMさんで建てられた先輩方、建築中の先輩方のHPやブログを拝見して、精一杯、この初体験を楽しんで悔いのないものにしていきたいと思いますので、マリさんも、今後ともよろしくお願いいたしますv-258
  • posted by ねね 
  • URL 
  • 2007.07/03 20:53分 
  • [Edit]

こんにちは 

MIXI女性新築コミュで、ミニスカひろみお姉さんのサブをしています、マリと申します。ねねさんの丁寧で熱心な、そして聡明なお書き込みにひろみお姉さんともども、感心&感謝しております。
お家作りに大変な時期とは思いますがく今後とも、姉妹ともどもよろしくお願いします♪
  • posted by マリ@ハートクイン 
  • URL 
  • 2007.07/03 14:56分 
  • [Edit]

to パトさん 

いやいや、私は全然知らなくて、あたふたあたふたです^^影響がどのくらいあるのかも、見当がついてません~

第三者機関が入るだけで、少なくとも「抑止力」は働くと思います。
専門的な知識のある施主ばかりではありませんから。。。第三者を入れても施主の目で見ることの重要性に代わりはないですが、「やりなおし~!」を強く言えるのは第三者ですもんね。
  • posted by ねね 
  • URL 
  • 2007.06/27 07:00分 
  • [Edit]

to リストラーダさん 

おはようございます。

マンションなんかはまさに、立地と間取りで購入という場合がほとんどかもですよね。

たしかに第三者機関を入れても、要所で見にきてチェックするだけみたいですね。アパートの前に一戸建てができてるんですが、JIOが3回ほど来ていました(もうすぐ完成)。抑止力的な役割は果たしてくれると思います。

どちらにしても、施主の無関心はいい結果になりませんよね。アフターメンテに定評のある一条だからこそ、気を引き締めてほしいなぁ~と思います。
  • posted by ねね 
  • URL 
  • 2007.06/27 06:47分 
  • [Edit]

to さん坊さん 

おはようございます

あ~!そういうこともあるかもですね。
構造に関わりそうな造作なんかは、図面にないものはダメとか・・
どこまでが大丈夫な変更なのか、行政側もきちんとガイドラインを示してほしいものです。
  • posted by ねね 
  • URL 
  • 2007.06/27 06:35分 
  • [Edit]

なるほど 

こんばんは。
シンちゃんが6月からまた建築基準が厳しくなると言っていたのはこれでしたか。その時はふーんそうなのと思っただけでしたが、さすがねねさんちゃんと奥深く調べてますね。
これまで不具合の多かった現場の施主としては、第三者検査があればそれにこしたことはありません。
不具合が起きた時、説明と対処が本当にそれでいいのかどうか、ちゃんと教えてくれる「うそ発見器」の役割を果たしてくれる第三者の方がいると嬉しいですね。
うまく誤魔化されて結局泣きを見ることのないように・・・
  • posted by パト 
  • URL 
  • 2007.06/27 01:01分 
  • [Edit]

消費者の怠慢 

偽装を産んだのは、必ずしもコストミニマイズを優先させた建築業者だけではないと考えます。自分で建てる家であり、マンションであるにも関らず、全て業者任せにしてしまった施工主にも責任はあります。しかし、施工主には充分な建築知識が無いため、偽装建築業者のいいように扱われていたのも事実でしょう。そういったことで、第三者検査機関によるチェックが義務化になることは、
「安心」という点では良いでしょう。しかし、私たちがチェックして欲しい事と、第三者検査機関がチェックする内容は全く違います。検査機関がチェックするのは、耐震構造強度や耐火防熱といった
建築基準法に違反しているかいないかということだけで、「施工主にとって、住みやすく快適な家なのかはチェックしないのです」。一条工務店であれば、第三者検査機関は必要ないと思います。必要なのは「アフターメンテンスがちゃんとしっかりしているか」ということをチェックする機関は必要でしょう。
  • posted by リストラーダ 
  • URL 
  • 2007.06/26 23:38分 
  • [Edit]

改正建築基準法 

こんばんは!
結局、今まで建築業界全体の、いい加減にしていた事が、結果的に自分で自分の首を絞める様な事になったのですね。
それで、ここまで厳しい法律の改正になったのですね!確かに厳しくなる事は、いいことなのですが、逆に言えば、申請後は施主側のチョットした変更も出来なくなるのかなぁ~?そしたら、費用や時間もかかる様になり、本末転倒になるのかなぁ~?  
  • posted by さん坊 
  • URL 
  • 2007.06/26 23:11分 
  • [Edit]

to よっさん 

施主の家なんですもんね。

値引いた分だけ、どこかで辻褄あわせに手抜きをしたり、材料を安くしたりするくらいなら値引きなんて要らないし、逆に本当にしっかりと大きなミスなくやってくれるなら、高くてもお願いしたくなりますよね。

施主がなかなかチェックに来れないから「このくらい いっか」とか、第三者機関のチェックがあるから、しっかりやろうというのではない、健全な業界であってほしいな~と思います。

施主とその家族の思いのつまった夢の家なんですから・・
  • posted by ねね 
  • URL 
  • 2007.06/26 22:25分 
  • [Edit]

to やいちゃん 

庶民もリッチな方々も、みんな身の丈にあった中で精一杯の良い家を建てているんですもんね。
資産的な価値というのは、一般の住宅では年月によって償却されていってしまいますが、少なくとも欠陥のある家であってはならないですよね。

第三者機関は、行政側のチェックの時間がない・・というところから第三者チェックを入れて、時間内で収めるためのものだったのだと思います。でも、その第三者機関も、ザルだったら何にもなりません。第三者機関が見てるから大丈夫だろう・・という暗黙の了解みたいな構図が出来上がってしまったのかもしれませんよね。

建築確認の段階でもしっかりと見て、中間検査、完了検査もしっかりと、請け負った業者、メーカー、行政、施主が確認していくことが大切なんだな~と思いました。
  • posted by ねね 
  • URL 
  • 2007.06/26 22:22分 
  • [Edit]

建築確認 

厳しくなることは施主にとって
とてもいいことですね
ほんと第三者機関のチェックも
全部義務化でもいいくらいですね
  • posted by よっさん 
  • URL 
  • 2007.06/26 21:38分 
  • [Edit]

 

行政側もきちんと確認申請を見てくれないと、消費者が困る結果になりますよね。
少しぐらい、厳しくてもいいと思います。

将来、大金をつぎ込んだ家が、資産価値のないものにならないように、してもらいたいですね。

構造計算の偽造問題は、行政側にも問題があると思います。
その行政側の処分があって当然だと思います。
  • posted by やいちゃん 
  • URL 
  • 2007.06/26 21:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

左サイドメニュー

最近の記事&コメント

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

右サイドメニュー

おうちリンク

ブログ名をOn Mouseで説明表示されます +をクリックして開閉してください

道のり


H18 12月  契約
H19 11/01 着工
H19 11/02 杭工事 
H19 12/12 上棟
H19 12/20 中間検査
H19 12/22 大工工事開始
H20 02/26 大工工事終了
H20 03/22 クリーニング
H20 04/04 完了検査
H20 04/04 気密測定
H20 04/20 引渡

H20 04/23 入居
 
H20 06/18 家屋調査

ブログ内検索

Other リンク



Profile

ねね

Author:ねね
=ねねの家族紹介=
優しい旦那さま
二人の子供たち
じぃじ&わんちゃんず
スコティッシュフォールド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。